HOME>アーカイブ>うちの子もテレビで活躍!子役オーディションを受けませんか?

ここがポイント!子役オーディション合格の秘訣

年齢にもよりますが、まずは挨拶ができることと、大人の言うことに対してリアクションが取れることが一番です。

子役オーディションに受かるためのコツを紹介します

元気のよいあいさつができること

まずは基本である挨拶が元気にできることが大切です

ブランドの洋服を着こなしていること

親の収入状況やセンスは服装で値踏みされてしまいます。

物おじせずに受け答えができること

たくさんの大人を目の前にしても物おじせずに受け答えができるのは大切です。

振り付きで歌が歌えること

さほど必要ではありませんが、踊りや歌でリズム感や音感が問われます。

いろいろな表情や表現ができること

喜怒哀楽の表情や体を使った表現ができることで、子役の道が大きく開けます。

子どもの希望を叶える

男の子

子役としてテレビや映画の世界で仕事をしたい、将来的に俳優になりたいという希望を子ども自身が持っている場合、オーディションを受けてデビューを目指してみるのもよいでしょう。ただし、誰にでも出来ることではありません。才能がなければ難しい世界なので、子どもが希望をしているとしても、叶えることができないこともあります。中にはオーディションを受けた子ども全員を合格させて、レッスンを受けさせるところもありますが、費用ばかりがかかってしまうので注意が必要です。

行っておくとよいこと

スタジオ

どうしても子役としてデビューをさせたいと考えているのであれば、普段から演技のレッスンを行っておくとよいでしょう。出来ればプロの指導を受けるのがよいですが、レッスン料がかさんでしまうことがあるので、その点はよく比較をしておくとよいかもしれません。比較をすることによって、相場も分かってきますし、プロの指導があれば演技力も身に付けることができます。そうするとオーディションでも求められていることができるようになります。

赤ちゃんモデルの採用を考える

女の子

子役というとある程度の年齢を重ねていなければいけませんが、赤ちゃんであれば基本的には誰でも応募をすることができます。赤ちゃんの時からモデルデビューをさせておくことによって、子役に進むことができますし、オーディションでも有利になります。