子役オーディションに合格するとどうなる?

子役オーディションに合格したのちに、レッスンを受けることができます。デビューできるかどうかは事務所によって異なります。

子役オーディションに向けてこんな準備をしました

あいさつの練習をさせました

元気よく挨拶できるよう、毎日挨拶の練習をさせています。それだけで元気な子供という印象が作れます。

お辞儀の練習をさせました

おりこうさんな子という印象を作るために、きれいなお辞儀ができるよう家でも心掛けています。

ピアノなどの習い事を始めました

自信をもって特技といえるようピアノやスイミングなどの習い事をさせている人が多いと聞いています。

英語教室に通わせています

ハーフの子というような役柄が回ってきてもよいように、英語教室に通わせて英会話などを習わせています。

ダンス教室でレッスンを受けています

子役オーディションでオーラのある子になってほしいので、ダンス教室に通わせて踊りの基礎を習っています。

スターへの登竜門

男の子

芸能界で活躍するのは大変ですが、そのステップとなるのがオーディションです。一年を通して様々なオーディションが行われていますし、勇気を持って申し込みすることでチャンスが生まれます。そして、近年は子役オーディションが多く開催されています。テレビやドラマにおいて、子役は欠かすことの出来ないキーパーソンです。演技が出来る出来ないは合格してからの問題で、まずは審査員の目を惹き付ける特長を持つことです。子どもではどうしようもない部分もありますし、親御さんの意欲と努力が鍵となります。他の子どもにはない特技を身に付けておくと、子ども自身にも余裕が生まれてアピールポイントに繋がります。オーディション合格の一歩です。

試験の内容

芸能

子役オーディションの内容としては、まずは書類の先行から始まります。倍率は100~1000倍と言われていますし、プロフィール写真もプロのカメラマンさんに任せるようにして下さい。ダンスや歌が得意であれば、応募の際に記しておくと良いのではないでしょうか。次に面接試験ですが、何度も何度もシミュレーションをしておくと失敗しません。泣きの演技や表情を見られることもありますし、専門のスクールで基礎を学んでおくと良いでしょう。

即戦力になるには

男の子

子役として事務所に所属している方は多いですが、全員がすぐにCMやドラマに出られる訳ではありません。すぐに活躍する子役は、自分の武器を持っています。例えばミュージカルの経験があったり、スポーツを長くやっていたりすることです。ある意味舞台に慣れていて、大勢の人の前でも臆することがありません。英語や楽器も含めてですが、常に誰かの前に立つことで緊張に慣れておくことです。オーディションは厳しいですが、必ず突破出来ると自信を持つことです。